トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

脊柱管狭窄症

以前、みのもんたさんが手術して、世間でも耳にするようなった脊柱管狭窄症。
一般的には腰を前に曲げると痛みが増加し、後ろへ反らすと痛みが増加します。

原因
脊柱管狭窄症とは脊髄が通っている管(脊柱管)が何らかの原因で狭くなり脊髄神経を圧迫します。
脊柱管が狭くなる原因として、管を囲っている靭帯の肥厚(腰:黄色靭帯)や骨化(首:後縦靭帯)や老化による周囲の関節の変形(変性すべり症)、骨の増殖(骨棘)などが考えられます。
若い頃、椎間板ヘルニア(腰椎)になった方、病院で骨と骨が狭いと言われた方、50代から60代の方に多く見られます。

症状

・足や足裏に違和感やしびれ
・腰が痛い、だるい
・立っているほうが辛く、座っているほうが楽
・坐骨神経痛

重症目安

・せき、くしゃみで激しい痛み。
・腰が伸ばせない。
・歩行困難。
・1人では起き上がれない。
・足がシビレる、感覚がない。

対策
膝を抱えて腰を丸める体操(ウィリアム体操
大腿部の前側のストレッチ(モモの前のストレッチ
お尻の筋肉のストレッチ(おしりのストレッチ
足のつけねの筋肉のストレッチ(腸腰筋のストレッチ)
ストレッチポールを使った背骨の筋肉のトレーニング
来院目安
腰から足にかけて痛みやシビレがある。
腰を前に曲げると楽になり、、後ろへ反らすと痛い時は、治療が必要な時期だと思って来院して下さい。