トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

骨盤

【骨盤】・・・女性は特に気になるキーワードですよね?
 
 
骨盤(の関節)は元々男性より女性の方が痛めやすいです。
 
 
理由は、生理と出産です。
 
 
だいたい、生理4日前からエストロゲンという女性ホルモンが分泌され、
 
 
骨盤の靭帯が緩んでしまいます。
 
 
これは生理が終われば緩んでいるのが戻るのですが、
 
 
なかには戻らないことがあります。
 
 
・・・女性は毎月、骨盤を痛める可能性があるってことです。
 
 
あと、出産は
 
 
妊娠後期から出産時に分泌されるレラキシンというホルモンにより、
 
 
骨盤の関節の靭帯が緩みます。
 
 
通常であれば、出産後24時間でレラキシンの分泌は止まり、
 
 
骨盤の硬化が始まるのですが、
 
 
歪んだ状態で硬化したり、
 
 
半年過ぎても硬化しない方がいます。
 
 
 
ちなみに私、青島も4年ほど前に骨盤が原因のぎっくり腰になりました。
 
 
原因は多くの患者さんとは多少違い、
 
 
専門学校の講師時代に生徒に矯正されすぎて関節が緩んでしまいました。
 
 
ある意味、職業病ですかね?
 
 
その期に授業で教えていたところに違和感が出て毎日自分で、自己調整してましたからね(笑)
 
 
 
あと、骨盤を痛めやすい状態としては、
 
・固い所に長時間座る。
 一般的に言われる、骨盤がひらく状態になります。
 座る場所が固ければ固いほど、負担がかかります。
 
・ゴルフ、野球などの腰をまわすスポーツ。
 
など、ですね。
 
 
自分でできる事は
SIサポートベルト(骨盤の関節固定ベルト)での関節固定。
おしりの筋肉のストレッチです。