トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

背中

姿勢矯正(整体+トレーニング)コースでも症状改善コースでも背中のトレーニングや体操をやることが多いです。

 

なぜなら伸ばされて弱くなっていることが多いから。

 

理由は簡単。

 

あまり、日常生活で体を反らせた状態を維持することが少ないからです。

 

デスクワーク・運転・立ち仕事でも前傾してますよね?

 

心当たりは多いんじゃないですかね?

 

以前もブログに書きましたが、

 

ジムに通ってトレーニングしている方でもトレーナーさんの指導がないところでは体の前面をきたえる方が多い。

 

そしてストレッチは前屈する。

 

なぜ前をきたえて後ろを伸ばすんですか?と聞くと

 

そうですよね~(笑)

 

と返ってきます(笑)

 

後面の筋肉をきたえる(動かす)ことによってバランスが取れてくるので後ろのトレーニングや体操が多くなってきます。

 

それに、意外と背中に年齢が出る人が多いんです。

 

後面の筋肉で広背筋などは、男性なら逆三角形のライン、女性なら後ろのクビレのラインなどになりますし、

コリ・痛みだけではなく見た目にも大きく関係してきます。

 

背中で語る

 

という言葉もありますし、

 

かっこよく、そして美しく

20090214.jpg

語れる背中を作ってみませんか?

ee673dae.jpg


範馬勇次郎までいくと恐ろしすぎですがね~(笑)

img_6.jpg