トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

腰痛対策(完全版)

まず急性の場合安静が第一です。例えば発症から一週間家でゆっくりしていれば、ほとんどの腰痛が良くなります。しかし忙しい日本人には無理な話です。

〈鑑別対策法〉

では腰痛の対策法です。
新しい画像まず患部を伸ばして痛みますか? 
痛みが強くなる場合(右腰痛で上体を左に倒した時に右腰が痛く、右に上体を倒したら痛くない状態)筋肉系の問題です。

この場合患部が伸びないようにして
※軽く冷やします。
※10分冷やして一時間休憩を繰り返します。

それ以外(関節系の問題)の場合は安静後、発症から一週間は常温、以降保温をする。
電気治療などは有効です。

〈重症目安〉

上体が斜めに歪んでいる、くしゃみが出来ない、階段が苦しい、下半身に痺れがある、これらは重症です。
自己判断せず専門家の治療を受けましょう。

〈危険〉

痛みがあるか確かめようと負荷のかかる姿勢をしたり、腰の筋肉を伸ばしたりすると痛みはどんどん大きくなります。痛覚を刺激しない生活を一時しておくこと。

〈慢性腰痛〉

腰痛の中でも最も多い疾患が慢性腰痛です。対策の基本は保温とストレッチ。危ない時はコルセットと安静。

なぜ腰痛になるかと一言で言えばカラダの使い方が下手なのです。そしてケア不足。最低限以下のことは注意してみてください。

〈起床〉

朝起きる時は一度反転してから起き上がりましょう。

〈仕事〉

重いものを持つ時はコルセットをするか重心を下げて(腰だけでなく膝も曲げて)持つ。

〈腹筋運動〉

痛みのある時は腰痛を悪化させます。痛みの無い時に行います。

〈姿勢〉

痛みの強い時は楽な姿勢が最も良い姿勢です。無理して良い姿勢をすると腰痛が悪化します。

〈施術目安〉

朝起きた時痛みがある場合、くしゃみ、咳をして痛み、痺れのある時は、施術が必要な時期だと思って下さい。

※あまりに痺れが強く足に力が入りにくいなどの場合は整形外科などでMRI(ヘルニア等の確定診断はMRIです)を撮る事をお薦めします。