トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

イメージ

全身のトレーニングをはじめてからもうすぐ3年経ちます
(右肩脱臼して半年ちょい停滞しましたが(笑))
 

そして手の皮が厚く硬くなりました

負担をかけると強くもなるけど硬くもなりますね

体の防御反応でしょうね~

まあ野球をまじめに(?(笑))やっていた時に比べたらたいしたことないですけどね

あの時はマメができてはつぶれて血が出て治っての繰り返しでしたからね

 

体も同じで

負担をかけ続ければ体は硬く伸縮性が少なくなってくる
(負担とはトレーニングや運動だけでなく、毎日の同じ姿勢の維持などもです)

そんな体の末路は・・・

そして一回痛めるとかばうためにさらに痛めた部位をかためてしまう

ということは、前々から言っているように、

調整したり、筋肉ほぐしたり、伸ばしたりのケアはもちろん重要ですが

体操などでその部位を動かしてあげる

ということもケアとして必要になってきます

調整しても動きますが、

【自分で動かす】というとこが重要なんです

人に動かしてもらうのではなく、

自分で動かす、つまり脳からの指令で体を動かすことによって

さらにイメージすることができれば、

本来の動きを取り戻しやすくなったり、状態をもっとよくしていくことができます