トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

【食欲の秋】っていうけれど・・・

 【季節の変わり目に体調が崩れやすい】は周知の事実、気温差・湿度差により不調が出やすくなります

以前もお話ししましたが自律神経系の問題も出やすくなります

 

そして春ではなく秋に、涼しくなってきて【食欲の秋】になる人は危険!って知ってますか?(去年も言ったので覚えてますか?(笑))

 

秋は涼しくなり(最近では急激に寒くなり)何もしなくても汗をかいていた夏とはうって変わり汗をかきにくくなります

 

つまり、夏は皮膚からの発汗で水分などを外に捨てて、血液・リンパ液の恒常性を保っていましたが、秋になり昼夜の温度差がでると、人によって皮膚(筋肉も)が縮み、発汗で外に捨てることができにくくなり、排尿でカバーしようとします。

 

だから寒くなり発汗しにくくなるとトイレが近くなり、発汗分を排尿でカバーするためには、腎臓がよけいに働き、腎臓と泌尿器は負担を強いられます。

 

さらに寒くなり体温調節がしにくくなり、体が丸まりゆがみを起こしてくると背骨の胸の部分から出ている神経は胃につながっていて背骨のゆがみが、胃に大きな影響を与えやすくなります。

(胃酸の過剰分泌・拡張など)だから食べちゃうんです。

 

【食欲の秋】は腎臓や胃に負担がかかり背骨の胸の部分が歪む!!・・・可能性が高くなります。

 

なので少し運動して汗を流してあげると腎臓にかかる負担を減らしてあげることができます