トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

頭痛・首コリ・肩コリ対策(完全版)

まず、鎮静剤は副作用も強いのでオススメしません。、頭痛の大半は頚椎(首の骨)を改善してあげる事で消失します。新しい画像 (12)

〈原因〉

その多くは頚椎の歪みで首を行き来する血管が阻害され、頭部の筋肉や神経に障害を与えている場合がほとんどです。また高血圧の作用で肩が張ったりすることもあります。

〈対策法〉

最も有効な対策法は、眼のアイシング、大胸筋(胸の前の筋肉)・首の後の筋肉のストレッチ、腹筋背筋、ウォーキングなどの運動です。新しい画像 (8)

アイシングは眼を冷やしながら寝てください。
(10分位)
ストレッチは行うことにより肩コリ解消に必要な筋肉を緩めます。あと全般に運動することが有効です。

〈危険〉

高血圧と肩コリが併発しているとプッツンする確率が急激に高まるそうです。せめてどちらかはしっかり管理しておきましょう。

〈別要素〉

精神的ストレスによって頭痛・肩コリが起きることがしばしばあります。これらの対策としても運動は有効ですが各自なりのストレス発散をして下さい。

〈誤解〉

首を回す体操をすると余計首を痛め症状を悪化させます。その代わりに頭を前左右にゆっくりと曲げ首の筋肉を伸ばすストレッチにすると良いでしょう。

〈施術目安〉

就寝時にアイシングをしても首肩コリが解消しない場合。
肩コリが頭痛になった時首が痛くて手に痺れが出た場合。

※あまりに痺れが強く手に力が入りにくいなどの場合は整形外科などでMRIを撮る事をおすすめします。