トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

歩き方

ご存じのとおり、
仕事・運動・趣味などの姿勢から体のゆがみがくることは多いです。

テレビや雑誌などでも色々な情報が流れてますしね。

そして静止の姿勢(座りっぱなしの時や立ちっぱなしの時など)

に関しては気をつけている方も多く、良い姿勢の方もいるのですが、

歩くとなると変わってしまう方が多いんです。

 

・アヒルのようにお尻(骨盤)をフリフリ歩いてみたり
・ルパンの様にガニ股で歩いてみたり
・膝が曲がったままで猫背の格好で歩いていたり
・パタパタ歩いていたり
・腰をぐるりと回しながら歩いている人がいたり

 

気をつけているつもりでも、指摘されて初めて

『そんな歩き方してるんですか?』

って言う方が多いです。

下記が歩き方の(大きく分類した)種類です。

新しい画像 (6)

 

何番が一番理想だと思いますか?

 

①ガニ股
  男性に多い歩き方

②④内股
  女性に多いパターン
  ②と④の違いは骨盤のひらき・ゆがみの違い

③理想です。
  1本のラインの上をつま先を少し外側に向けて歩きます。
  なれればヒールでもできるようになり足が細くなりますが、
  なれないと、
  カッコ悪いデューク○○さんみたいな歩き方になります(笑)

さらに詳しくは施術の時にご説明します。