トップ > 8.家庭でできる健康法と健康情報

椎間板ヘルニア(腰椎)

椎間板ヘルニア(腰椎)
①せき・くしゃみで痛い
②前屈で痛い
③朝が痛い
全てに当てはまる方は椎間板ヘルニアの疑いがあります。
朝、痛くて1人では起き上がれない。
長時間座っていることが不可能。
腰は痛くないけど足がシビレて歩行困難。
感覚がない。これらは重症です。




椎間板ヘルニアの鑑別対策法
反らして痛い場合は骨格系の疾患が多いです。
この場合膝を曲げて腰を丸くした状態で休むのがベストです。



前屈で痛いのは筋肉系の疾患かヘルニアの疑いが考えられます。

どちらも痛い場合は捻挫かひどいヘルニアの可能性があります。
骨格系・ヘルニア以外の疾患であれば、基本的には患部を氷水で10分間冷やします。
冷やし過ぎは凍傷の恐れがあります。





椎間板ヘルニアの危険
初めは骨の上に痛みが出ることが多いですが、ひどくなると手足がシビレてきます。
さらに悪化するとシビレが手足の先までおよびます。
ここまでくるとかなり危険です。

未然に防ぐために自分の体を過信しないで早めのケアーが大切です。早期発見、早期治療を心がけて下さい。




慢性椎間板ヘルニア
長い間、ヘルニアをほかっておくと、飛び出したクッション(椎間板)と神経がくっついてしまうことがあります(癒着)。
こうなると治療時間が掛かります。症状としては痛み・シビレが常時あり、足をひきずったりします。

<起床>
朝起きる時は一度体を横にしてから起き上がりましょう
<仕事>
重いものを持つ時はコルセットをするか、重心を下げて持ちまょう
<姿勢>
1番楽な姿勢がベストです。
姿勢を意識しすぎると悪化することがあります。





椎間板ヘルニアの来院目安
朝起きた時、痛み・シビレがある、前かがみや座ることが辛い、せき、くしゃみをして痛みのある時は、治療が必要な時期だと思って来院して下さい。